研究室の研究方針全般について

小林研究室では、

という3つのテーマを主に中心としています。各テーマの内容についてはリンク先を参照してください。

各テーマの方針と具体的にやることなど

【テーマ1】は、実験的なデータと理論的な方法論を融合させることを中心に、生体システムの確率現象に関わる諸問題を考えます。 理論的には必ずしも新しい必要はなく、現象理解や問題解決に必要な数理的なアプローチを選択します。 また、これまでの数理モデルや数理解析だけに限定したアプローチでは、実験との真の連携は築けないと考えているので、理論やモデルだけでなく、データ解析や画像解析、そして測定系の最適化などの工学的な技術にも積極的に係わり、新しい生命科学の方向性を追求することを目指します。数理を役に立てたい・活用したい、という人や、逆に生物解析の役に立つ数理などを身につけたい・使いこなしたい、という人におすすめです。

【テーマ2】確率的な生命現象の解析に必要となる新規理論の構築や、生命現象に学ぶ新しい理論の構築を目指します。特に、情報・統計理論と力学系理論の融合により、生体システムの確率的情報処理の機能的側面をとらえる研究を主なターゲットとして研究を進めます。力学系理論・統計理論・情報理論・制御理論・統計物理・量子力学・金融理論・進化理論などなどの、力学系やダイナミクス、統計や確率過程が出てくる理論好きの方におすすめです。

【テーマ3】は現在準備中です。そのうちアップします。

研究室の目指す雰囲気や基本的な知識

なかなか研究室の目指す雰囲気はWebだけではわからないと思うので、興味が有る方はぜひ研究室を訪問してくれればと思います。その他に我々の研究と方向性や思想が似ている研究関連書籍を幾つか挙げるので参考にしてみてください:

研究以前の問題として

  • 研究室リテラシー
    • 立命館島田さんのスライドです。研究室に参加する前にまずは必読です。

一般的な背景や雰囲気の勉強

生物学的な背景についての勉強

基本的な数学の勉強について

  • 田崎さんが公開されているテキストです。この内容くらいは自習で把握しておく必要が有ります
  • 数学の各分野のテキストは色々有りますが、その内容は数学専門家用から応用向けまでスペクトルが有ります。無理をせず自分の理解が追いつく教科書からステップアップすることが大事です。

生物の理論についての勉強について

確率現象の理論自体の勉強について

情報理論の勉強について

物理関連の勉強について

最近のNews

学術支援職員の募集をしめきりました
学術支援職員 募集を締め切りました多…
論文が公開されました:Physical Review Letters
日時:6月3日 タイトル:Impl…
ポスター賞を受賞しました:JST「生命システム」第一回CREST公開シンポジウム
 JST「生命システム」第一回CRE…
新メンバー
カイルル・バシャールさんが特任研究員…
新メンバー
山田 智之  (やまだ ともゆき)…
新メンバー
上村 淳(かみむら あつし) さんが…
新学術領域 特任研究員の公募を締め切りました
新学術領域計画研究「初期胚細胞動態の…

最近のTopics

How to give a good talk
Uri Alonのページで公開さ…
How to choose a good scientific problem
研究室運営を始めると、色々とこれまで…